aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« ピクニック | メイン | 豚キムチ »

身体能力

最近のキッズレスリングの小学生クラスでは正しい身体の使い方を意識して特に股関節周りと肩甲骨の動きを矯正するトレーニングを入れて身体能力のアップを図っています。

自分の大学の先輩でソウル五輪金メダリストの佐藤満現日本レスリング協会強化委員長と以前お話しした時に言ってたけど、レスリングは小さい頃から始めても高校から始めても、結局最終的に強くなる選手は身体能力が高いのが一番だと。

自分の例を上げると、元々運動神経は良くなかったし、体力も全然なかったけど常にフィジカルでは負けないように意識してウエートトレーニングやランニングの体力トレーニングを徹底的に積んできたのが良かったと思う。

実際パワーでは誰にも負けなくなったし、自分より技が優れている選手にも体力で勝ったきたからやっぱりフィジカルは大事ですね。

それに逆説的な言いかたではあるが体力がないと技がかからないし、生まれないんですよね。

だから自分は才能がある、ないとかレスリングのセンスがある、ないという言葉が大嫌いだし、そんな一言で片付けられるのがイヤなので子供達の身体能力をどんどんアップさせて一人一人の可能性を最大限に伸ばしていこうと思います。

Calendar

2011年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

格闘スポーツジム・レッスルウィン

http://www.nagata-win.jp/